VinoPedia

VinoPedia

ヴィノぺディア

DOCG銘柄を検索

イタリアのDOCG全76銘柄を順次更新中!
20州別に検索できます。

州を選択する

ガルガーネガ (Garganega)

2022.02.18

土着品種

Garganega

ガルガーネガ

歴史:ガルガーネガの起源はギリシャと言われている。ヴェネト州ヴェローナ県では最も重要な白ブドウ品種の一つで、この地域の著名なワインの中でも重要なパーセンテージを占める。1495年、農学者Pier de' Crescenzi氏が著書『農業概論』においてこのブドウ品種を2種類に分け、「そのうち『femmina(雌の意)』は生産性が…

続きを読む

ラクリマ (Lacrima)

2022.02.18

土着品種

Lacrima

ラクリマ

歴史:古くよりカンパーニア州、ウンブリア州、プーリア州、マルケ州に広く普及するイタリアの黒ブドウ品種である。これらの地方ではテーブルワインを造る品種としてよく使用され、その親しみやすい香りは非常に好まれている。現在では、「発祥の地」として考えられ、「DOCラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ」が造られるマル…

続きを読む

ネグロアマーロ (Negroamaro)

2022.02.18

土着品種

Negroamaro

ネグロアマーロ

歴史:南イタリア・プーリア州において一番重要なブドウ品種であるネグロアマーロの名前の起源については、ブドウ品種学者や歴史学者の間で議論の的となっている。それは特に「amaro」の部分についてである。いくつかの文献では「Negro」と「Amaro」に切り離して表記されているが、この「amaro アマーロ=苦い」というのは…

続きを読む

フィアーノ (Fiano)

2022.02.18

土着品種

Fiano

フィアーノ

歴史: フィアーノ種はカンパーニア州の他の古代品種と同じく、数世紀に渡って研究者たちの間でその起源について常に議論がなされているブドウ品種のひとつである。古代ローマの博物学者プリニウスや農学者コルメッラがフィアーノというブドウ品種を指す言葉として「Viti apiane」を引用していたとする説がある。これは、…

続きを読む

ネレッロ・マスカレーゼ (Nerello Mascalese)

2022.02.18

土着品種

Nerello Mascalese

ネレッロ・マスカレーゼ

歴史: ネレッロ・マスカレーゼはヨーロッパ最大の活火山であるシチリア島エトナ火山周辺で最も多く栽培されているブドウ品種である。その起源についてはまだ解明されてない部分が多いが、数百年前より、海とエトナ山に挟まれた狭い農地、カターニア県のMascali(マスカーリ)平原の農夫たちが好んで栽培したことにより普…

続きを読む

フリウラーノ (Friulano)

2022.02.18

土着品種

Friulano

フリウラーノ

歴史: ここ2世紀の長きに渡って、ヨーロッパ内の至るところでブドウ品種フリウラーノの起源について議論がなされてきた。というのも、イタリア・フリウリ州で親しまれてきたこの品種「Tocai Friulano (トカイ・フリウラーノ)」と、ハンガリーのトカイ(Tokaj)地区で造られる貴腐ワインで有名なトカイワイン「Tokaji」とが…

続きを読む

ラグレイン (Lagrein)

2022.02.18

土着品種

Lagrein

ラグレイン

歴史: Lagreinは1970年に公的にブドウの品種登録がされた。Teroldego(テロルデゴ)とまだ名の知れない品種との交配品種とされている。近年の研究において、Lagreinの名称はドイツ語で「ラガリーナ谷」を意味する「Lagarino ラガリーノ」つまりトレント近郊の「Vallagarina ヴァッラガリーナ」に由来すると考えられてい…

続きを読む

カタッラット (Catarratto)

2022.02.18

土着品種

Catarratto

カタッラット

シチリア島において重要な白ブドウ品種であるカタッラットは、ほとんど研究がなされてこなかったものの、1696年の文献にシチリアで最も古い白ブドウ品種と記されていることから、3世紀以上前から栽培されていたとされる。1970年の国立生物分類群においてはそれぞれ独立した品種としてCatarratto Bianco Comune(カタッラ…

続きを読む

トレッビアーノ・スポレティーノ(Trebbiano Spoletino)

2022.02.17

土着品種

Trebbiano Spoletino

トレッビアーノ・スポレティーノ

トレッビアーノ・スポレティーノはウンブリア州の土着品種であるが、その名前とは裏腹に、起源について確かな情報はない。スポレートはその発祥の地ではなく、最も普及し、現在も広く栽培されている土地として選ばれただけとされている。トレッビアーノ・スポレティーノについての初出はフランコリーニ氏によるもので、1 8…

続きを読む

top_btn