VinoPedia

Colli Orientali del Friuli Picolit

コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ ピコリット

コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ ピコリット (Colli Orientali del Friuli Picolit)
                                                                                       
ワインのカテゴリー
主なブドウ品種 ピコリット 85%以上。
DOCG昇格年 2006年
生産規定 法定熟成期間は10ヶ月以上。
ブドウ総作付け面積 48 ha
生産量 364 hl

ピコリットDOCGの生産エリアは何故フリウリ・コッリ・オリエンターリDOCと 同 じ?!

DOCGよりひとつ格下のDOCで、フリウリ・コッリ・オリエンターリという銘柄があります。白ワインはシャルドネやフリウラーノなど10種類、赤ワインはカベルネ・ソーヴィニヨンやスキオペッティーノなど9種類の品種を使用することが認められています。ピコリットはフリウリ・コッリ・オリエンターリDOCの中から独立して2006年にDOCGに昇格したものです。よって、生産エリアはこのDOCと同じで19のコムーネから成る広大なものとなります。しかし、その中で実際にピコリットが植えられている畑は合計で48ヘクタールしか存在せず生産量はごく僅かの希少土着品種なため、入手困難な銘柄となっています。

top_btn