VinoPedia

VinoPedia

ピエモンテ州

DOCG銘柄を検索

イタリアのDOCG全76銘柄を順次更新中!
20州別に検索できます。

州を選択する

バルバレスコ (Barbaresco)
ピエモンテ州

2022.03.01

DOCG

Barbaresco

バルバレスコ

華やか且つ偉大な銘柄 バローロと並んでピエモンテ州の銘酒とされるバルバレスコ。ワインの銘柄名でもあり、村の名前でもあります。バローロが「イタリアワインの王様」と呼ばれるのに対し、バルバレスコは「イタリアワインの女王様」と称されます。ネッビオーロ種を100%使うことが義務付けられており、品種由来の力強…

続きを読む

ゲンメ (Ghemme)
ピエモンテ州

2022.02.22

DOCG

Ghemme

ゲンメ

氷堆積土壌で造られるネッビオーロ主体のワイン ゲンメはガッティナーラからセージア川を挟んだ東側で、北にはアルプス山脈が聳え、北西にはオルタ湖とマッジョーレ湖があります。町の東側には、モンテ・ローザで浸食されセージア川によって運ばれた氷河期の土砂が堆積し、地殻変動によって隆起した丘陵地Colline Novares…

続きを読む

ガッティナーラ (Gattinara)
ピエモンテ州

2022.02.22

DOCG

Gattinara

ガッティナーラ

火山性土壌で造られるネッビオーロ主体のワイン ガッティナーラは、アルト・ピエモンテと呼ばれる州の最北東部に位置しています。イタリアとスイスの国境付近にはモンテ・ローザが高く聳え、冬の冷たい北風から畑を守っています。夏には氷河や渓谷からの風が吹き込み、昼夜の寒暖差がしっかりと生まれる地域です。この…

続きを読む

カネッリ (Canelli)
ピエモンテ州

2022.02.22

DOCG

Canelli

カネッリ

近年正式昇格予定の新DOCG アスティ発祥地であるカネッリ村では手摘みによる収穫し認められておらず、ブドウ畑は標高165~500mの丘陵地帯と定められています。面積は合計で僅か100ヘクタールのため、カネッリの生産量は増えてはいるものの約50万本と少なく、アスティの中でも1ランク上の位置づけです。生産者はこの村…

続きを読む

アスティ (Asti)
ピエモンテ州

2022.02.22

DOCG

Asti

アスティ

革新をもたらしたマルティノッティ法の誕生 生産エリアはピエモンテ州アスティの南側、石灰質土壌の丘陵地に広がっており、アロマティック品種モスカート・ビアンコ100%で造られる、香り高いワインです。1895年、ピエモンテの醸造学者フェデリコ・マルティノッティ教授は、ガンチャ氏が考案した「モスカート・シャンパ…

続きを読む

バルベーラ・ダスティ (Barbera d’Asti)
ピエモンテ州

2022.02.22

DOCG

Barbera d'Asti

バルベーラ・ダスティ

ピエモンテ州の花形銘柄 バルベーラ・ダスティDOCGの生産エリアは州東部、アスティの町を中心に広がっています。アスティ県とアレッサンドリア県にまたがっており、それぞれ116と51、合わせて167ものコムーネ(自治区)を有し、瓶詰生産者数も約660社と大きな組織の銘柄です。畑は標高150~400mの日当たりの良い斜面に…

続きを読む

top_btn