コラム

コラム

DOCG

ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ (Vernaccia di San Gimignano)

2022.03.07

ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ (Vernaccia di San Gimignano)

1966年にイタリア初のDOCワインとして認定 銘醸地トスカーナ州には11銘柄のDOCGがありますが、ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノは唯一白ワインのDOCGです。1276年にはこのワインについて書かれた記載が残っており、主に王室や教皇、商人の間で飲まれていました。ダンテの『神曲・煉獄編』やボッカチオの『デカメ…

続きを読む

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ (Vermentino di Gallura)

2022.03.07

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ (Vermentino di Gallura)

ミネラル感たっぷりの島ワイン ガッルーラとは「岩の多い、石の多い」という意味で、島の北東部のガッルーラ地方を訪れるとあちこちに張り出した巨大な岩の塊に目を見張ります。また、海岸では雨や海風によって浸食された花崗岩の「自然の彫刻」に遭遇します。このエリアでは、夏季に地中海特有の冷たい北西風(マエス…

続きを読む

レチョート・ディ・ソアヴェ (Recioto di Soave)

2022.03.03

レチョート・ディ・ソアヴェ (Recioto di Soave)

ソアヴェ スーペリオーレよりも早くDOCGに昇格 生産エリアはソアヴェ スーペリオーレと等しく、ヴェローナから東に約20㎞のところに位置しています。5世紀にテオドリック大王によって書かれた文献の中に既にレチョートについて記載があります。この地域において1500年もの歴史を持つ伝統的な甘口ワインです。収穫した…

続きを読む

ソアヴェ スーペリオーレ (Soave Superiore)

2022.03.03

ソアヴェ スーペリオーレ (Soave Superiore)

丘陵地に限定されて造られるソアヴェ ソアヴェは日本においても最もよく知られたイタリア白ワインのひとつで、すっきりとしたフレッシュなものから複雑なミネラル感を持つ味わい深いタイプまで幅広く造られています。非常に親しみやすい味わいで世界的に人気を博したのですが、需要の高まりから生産エリアを平野部にま…

続きを読む

キャンティ・クラッシコ (Chianti Classico)

2022.03.03

キャンティ・クラッシコ (Chianti Classico)

卓越したテロワールが引き起こしたワイン事情 「キャンティ」は日本でも馴染みのあるイタリア赤ワインの一つです。しかし、「 キャンティ」と名の付くDOCGは現在「キャンティ」と「キャンティ・クラッシコ」という2銘柄があって違いが分かりづらく、時折混乱が生じます。キャンティ・クラッシコDOCGの生産地域はトスカ…

続きを読む

カルミニャーノ (Carmignano)

2022.03.03

カルミニャーノ (Carmignano)

セパージュはサンジョヴェーゼ50%以上にカベルネ種を使用 フィレンツェから西へ約 30㎞。トスカーナの丘陵地に位置するカルミニャーノでは、エトルリア時代(紀元前8世紀~紀元前1世紀頃)からワインが造られていたことが発掘調査で明らかとなっているほど歴史の深い銘醸地です。1716 年、メディチ家のコジモ3世は独自…

続きを読む

バルバレスコ (Barbaresco)

2022.03.01

バルバレスコ (Barbaresco)

華やか且つ偉大な銘柄 バローロと並んでピエモンテ州の銘酒とされるバルバレスコ。ワインの銘柄名でもあり、村の名前でもあります。バローロが「イタリアワインの王様」と呼ばれるのに対し、バルバレスコは「イタリアワインの女王様」と称されます。ネッビオーロ種を100%使うことが義務付けられており、品種由来の力強…

続きを読む

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ (Vino Nobile di Montepulciano)

2022.03.01

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ (Vino Nobile di Montepulciano)

モンテプルチャーノの高貴なワイン 銘醸地トスカーナ州を代表する赤ワインの一つで、長い歴史を持つ誇り高い銘柄です。1350年頃にはワイン造りの規定が作られ、そこには取引と輸出に関する条項も含まれていました。1980年に最初にDOCGとなった4銘柄のうちの一つであり、古くから格の高さが認められていました。ブドウ品…

続きを読む

モンテファルコ・サグランティーノ (Montefalco Sagrantino)

2022.02.28

モンテファルコ・サグランティーノ (Montefalco Sagrantino)

タンニンの存在感が特徴的な赤ワイン モンテファルコ・サグランティーノDOCGはウンブリア州中心部の小規模なエリアで生産されています。この辺りの土壌は主に粘土質や石灰質で、標高は220m~472mの緩やかな丘陵地となっています。サグランティーノの名はSacro(神聖なの意)、Sacramenti(聖餐式の意)に由来していると…

続きを読む

フランチャコルタ (Franciacorta)

2022.02.28

フランチャコルタ (Franciacorta)

フランチャコルタの背景 氷河期にイゼオ湖であったフランチャコルタの生産エリアは、1万年以上前の氷河が削り取られた岩石や土砂などが堆積して造られた氷堆積土壌で、豊富なミネラルと様々な成分を含んでいます。現在も湖の南側にはセビーノ沼が広がっており、自然保護地区に指定されています。元々経済的に貧しかった…

続きを読む

top_btn